読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すらすら経済学を学ぶ日記。

会計・税務の実務家が経済学をすらすら学ぶ日記。

読書ノート「財政赤字の淵源-寛容な社会の条件を考える」

財政赤字の淵源 --寛容な社会の条件を考える

財政赤字の淵源 --寛容な社会の条件を考える















なぜ今日の日本社会がこのような不信に満ちた社会になり、財政赤字はそれにどう関係しているのかという問題を、戦前、大蔵省時代まで遡って考察しています。
原因と結果はわかりましたが、では著者が提言する「寛容な社会」へはどうしたら変わっていけるのか。
そこは明確ではありませんでしたが、自らに課された課題として考えていこうかと思います。